新着情報

房州 特大『 さざえ 』

夏が旬のさざえはかつては外海のものは、殻のツノが長く伸び、内湾のものは角があまりないとされてきましたが、近年、必ずしもそうとは限らないという事が分かってきたそうです。外海、内海の環境が全く影響しないという事ではなく、やはり外海では角が伸びる個体が多いのは確かなようです。ただし、個体によってはそうならない物がいて、遺伝的要素も関係しているのではないかとみられているみたいです。ちなみに関東近郊の市場のさざえは、房州産の物はツノが長く、伊豆産や三陸産の物はツノが短いです。身質は房州産の物がオレンジ色の部分が濃く刺身にした時コリコリした食感が強いです。市場値は房州産のものが高値です。

京の伝統野菜『 賀茂茄子 』

賀茂茄子は九条ねぎや聖護院だいこんと並び「京の伝統野菜」としても認定されていて、なすの女王とも呼ばれています。光沢のある果皮はやわらかく、肉厚な果肉は硬くしまってて歯応えがあり、加熱するとまったりとした歯触りになります。味わいには、甘みがあるのが特徴です。旬は6月の初めから夏の終わり頃までです、賀茂茄子は非常にデリケートで生産には非常に手間がかかるので大量生産には不向きです、露地栽培でひとつひとつ丁寧に管理され作られるので生産数は少く夏の希少な食材です。

大分産 鱧(はも)

夏の風物詩、今年も 《鱧》のシーズンが始まりました、鱧の落とし 鱧の洗い 鱧の湯引きと、呼び名は違ってても調理方は同じです。サッと湯引いてから素早く氷水に落とす事から、鱧の落としと料理名がついたと思われますが、主に関西では「落とし」関東では「湯引き」「洗い」と呼んでいます。

伊勢海老

高級素材で知名度がある伊勢海老入荷、市場に並ぶ伊勢海老は全て天然物で飼育が難しい伊勢海老は今の所養殖が出来ていません、価格が高いのはそんな理由があるんですね。本場三重県と千葉県の漁獲量が全国の40%を占めるそうです、鎌倉時代には伊勢エビの形が甲冑に似ているため、儀式や祝儀に用いられたそうで、現在でも結婚式などお祝いの席によく登場するのはそのなごりだそうです。ちなみに昔は伊勢で獲れた海老を伊勢海老、鎌倉で獲れた海老を鎌倉海老と呼んだそうで同じ海老でも地方で呼び名が違ったみたいです。現代も三重県漁獲の伊勢海老、千葉県漁獲の房州海老と呼び名をわけて千葉県のブランドにすれば良いのにと思いますが、、、。

夏の風物詩『 じゅんさい 』

じゅんさいは水面に葉を浮かべる水草の一種で淡水の沼に生息します。じゅんさい沼の深さは約80cm~1mほどです。沼底に根を張り、そこからたくさんの茎を伸ばし緑色の楕円形をした葉を水面に浮かべます。春から夏にかけてが旬で茎からでてくる新芽はゼリー状のヌメリで覆われており、食用として摘み取られます。 じゅんさいの収穫時期は4旬から9月上旬で最盛期は6月頃です。

初荷 『 和歌山 鮎』(養殖)

天然 アユ 漁の解禁は初夏ですが養殖のアユはもう出回り始めました。養殖物のアユは天然物と食べる時の楽しみ方が違います。天然物のアユは若メロンの様な香りを楽しみ、養殖物の鮎は脂の乗った見質を楽しむといった様に型は同じでも其々違った魚のような楽しみ方です!

新物『富山産 生ホタルイカ』

富山のホタルイカ漁は漁期間が3月上旬から5月までに定められ、また養殖が極めて困難であることから、とれたてを味わえるのは春だけ。そのため「ホタルイカを食べると春が来たと感じる」と春の風物詩として愛されています。身が大きくふっくらしているのも富山県産ならではの特徴です。